東京土産☆ベルン【世界のクリスマスのお菓子】を食べきった

旦那が東京出張土産でベルンの【世界のクリスマスのお菓子】を買ってきてくれました。

s-PC080078.jpg

こちらはクリスマス時期にベルンで発売される世界のクリスマス菓子の詰め合わせであります。

ややレトロな雰囲気漂う可愛いパッケージに食べる前からテンションUP!

s-PC080076.jpg

s-PC080077.jpg

中に入っているお菓子もどれも可愛らしく、写真左上の靴の形のお菓子から時計回りに食べた感想を簡単に紹介します。

s-PC080081.jpg

①ホーニッヒ・クーヘン(ドイツ)
シナモン風味が効いたスパイシーなジンジャークッキーと言った印象。

②アイリッシュ・ケーキ(アイルランド)
s-PC100087.jpg

s-PC100088.jpg
粉糖が付いているので茶こしでまぶしましたが、欲張ってかけ過ぎてしまいました。
洋酒がかなり効いていたせいか、中に入っている苦手なレーズンも問題なく食べることが出来ました。

スポンサーリンク

③バナナ・ナット・ブレッド(アメリカ)
s-P1149836.jpg
粉糖が付いているので茶こしでまぶしました。
ナッツがたっぷりのバナナ風味のパウンドケーキといった印象。
風味はスノーマンと似ており、ナッツ好きにはオススメかもしれません。

④ジンジャー・シン(スウェーデン)
スパイシーなジンジャークッキーでした。

⑤スノーマン(アメリカ)
s-PC249738.jpg

s-PC249739.jpg
バナナ風味の素朴な美味しさを感じるスポンジケーキといった印象でした。

⑥ヨウルトルッティ(フィンランド)写真手前、奥はジンジャー・シン(スウェーデン)
s-PC169709.jpg
白い部分は柔らかそうに見えましたが、意外と固めのクッキーでした。
中央のプラムはねっとりとして柔らかく美味でした。

⑦ホーニッヒ・クーヘン(ドイツ)
s-PC319771.jpg

s-PC319772.jpg
硬そうだけど食べると少し柔らかくて乾パンみたいな感じなのかな?
乾パンを食べた記憶がはるか昔で思い出せず。
ホーニッヒ・クーヘンは形によってスパイスの変化があるそうですが、食べ比べしてないのでスパイシー系なビスケットという印象だけが残り。

⑧ペッパーカーコル(デンマーク)
s-P1279895.jpg
最後に食べきった一品という事で、それ以前に食べたジンジャー系クッキーの形がブタさんに変わったという印象でした。

ひと月以上かけて食べきった詰め合わせですが、個人的には洋酒が効いていた②アイリッシュ・ケーキ(アイルランド)が印象的でした。

色々と入っておりましたが、クッキーは基本的にジンジャー系でスポンジケーキはバナナ風味なので次第に味の予想がついてしまいもう少し味の変化が欲しいと感じてしまいましたが、世界のクリスマス菓子という事で味が似通ってしまうのはどうしようもないのかな?と思ったり。

以上、簡単ですが、ベルン【世界のクリスマスのお菓子】を食べきった感想でした。

ちなみに今回の詰め合わせは3千円程のものです。

この記事へのコメント